月別アーカイブ: 2013年8月

[CEDEC2013] GPU上でのvoxel構築手法について

CEDEC2013にて、「GPU上でのvoxel構築手法について」と題しましてお話させて頂きました。
ご参加いただいた方、ありがとうございました。
下記が、その際に使用したスライドのリンクになります。
http://goo.gl/lm9sJb

広告

Normal Distribution function

マクロな視点での”ざらざら”

Lambertの拡散反射モデルは、電磁波レベルでは、これ以上に無い”ざらざら”なモデルなのですが、描画しようとする物体の表面が持つ、(光の波長に対して)マクロな視点での”ざらざら”については一切言及していません。
しかし、現実に我々の周りにありふれているものの多くは、表面に細かい凹凸を持っており、これがシェーディングに大きな影響を与えるようです。
続きを読む